日曜日も診療可能 診療時間/9:00~14:00
※ 診療終了時間の30分前までに受付をお願い致します
※ 第1・第3木曜日 整形外科 9:30~13:00
1 土曜日 9:00~13:00 14:30~18:00
※ 休診日/月、火、祝日

ご予約はお電話から tel:03-6426-2711 ※休診日/月、火、祝日

初診の方で便秘外来の診療の事前申し込みを希望される方はこちら

初診の方で診療の事前申し込みを希望される方はこちら

お知らせ

TOP > お知らせ

2020.04.10
4月24日(金曜日)午後休診のお知らせ
4月24日(金曜日)の市役所業務のため午後休診となります。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

もちづき内科クリニック
2020.03.19
3月25日(水)午前診療時間変更のお知らせ
3月25日(水)院長所用のため、午前の受付時間が変更となります。

■午前11:30最終受付、12:00診療終了となります。

(※午後は通常通り15:00から診療予定でございます。)

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
2020.03.05
整形外科診療日変更のお知らせ
3月より整形外科診療日に変更がございます。

※診療日、診療時間  第1・第3木曜日:9:30~13:00

上記に変更となります。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。
2020.02.18
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
新型コロナウイルスによる感染症について、厚生労働省はどのような症状の時に相談や受診すべきか、その目安を取りまとめ、17日、公表しました。

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安

○以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

○なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

○ なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い
○帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
2020.02.07
2020年インフルエンザワクチン接種をお勧めします
皆様、インフルエンザワクチンの接種はお済でしょうか。
今季初めての方も、2回目の方も当院ではまだ接種可能でございます。

予約制ではございませんが、ワクチン数の確保のため、接種ご希望の場合は、事前にクリニックにお電話頂けると助かります。また、土日は混雑し、お待たせすることもあるかと存じますがご理解のほどお願い申し上げます。

電話:03-6426-2711

もちづき内科クリニック
2020.02.05
新型コロナウイルス関連《日本政府観光局 外国人旅行者向けコールセンターのお知らせ》
1.日本政府観光局(JNTO)がコールセンター「Japan Visitor Hotline」を開設しています。日本語のほか英語、中国語、韓国語に対応し、新型コロナウイルス関連の問い合わせも可能です。

日本政府観光局(JNTO)では、非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のため、365日、24時間、多言語で対応するコールセンター「Japan Visitor Hotline」を開設しており、新型コロナウイルス関連のお問い合わせにも対応しています。
○ 日本政府観光局の公式ツイッターやウェイボー(中国版ツイッター)によって新型コロナウイルスに関する基本的な情報や手洗いうがい等の対策ポイント等を広く発信するとともに、
日本政府観光局のコールセンターにおいて365日24時間多言語での問い合わせに対応できる体制を整備しております。
https://www.japan.travel/en/plan/hotline/
Japan National Tourism Organization (JNTO) operates a visitor hotline 24 hours a day, 365 days a year. Call for tourist information or assistance in the case of accidents and emergencies. Support is available in English, Chinese, Korean and Japanese

・電話番号 Phone Number:050-3816-2787
・対応時間 Service Hours: 365日、24時間 24 hours a day, 365 days a year
・対応言語 Languages Available:英語、中国語、韓国語、日本語 English, Chinese, Korean, Japanese
・対応範囲 Service Covered:緊急時案内(病気・事故等)、災害時案内、一般観光案内
Support & assistance when emergencies (accident, illness etc.) or natural disasters, general tourist information

〈主な相談内容〉
○キャンセル料関係
・ホテルをキャンセルせざるを得なくなったが、返金を希望する場合はどこに問い合わせればよいか。
○体調不良の訴え
・咳、発熱の症状があり新型コロナウイルスでないか不安なため、検査を受けたい。
・ホテルに宿泊しているお客様に咳、発熱の症状がある。


2.その他外国語による電話対応が可能な窓口:東京都保健医療情報センター
外国語の通じる医療機関の紹介や、日本の医療制度に関する情報の提供を行っています。

電話番号: 03‒5285‒8181
対応言語:英語、中国語、韓国語、タイ語、スペイン語
対応:毎日 9:00~20:00


※Locating a Hospital via Telephone (Telephone consultation in languages other
than Japanese)

Information on the Japanese healthcare system and hospitals that offer services in
languages other than Japanese.

Name:Tokyo Metropolitan Health & MedicalInformation Center
Medical Information for Foreign Residents
Telephone No:03‒5285‒8181
Languages:English, Chinese,Hangul, Thai, Spanish
Open:Everyday
9:00am – 8:00pm
2020.01.31
感染症予防対策には咳エチケット、手洗いを実践しましょう!
インフルエンザ対策と同様の咳エチケットや手洗いなどの感染対策を行いましょう。
予防のポイント!
手洗い
•流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。
咳エチケット
•咳やくしゃみをする場合にはマスク着用、マスクを着用していなかった場合は、口と鼻をティッシュや手で覆いましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。

•皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を用いてください。

•物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(製品に表示されているとおり希釈したもの0.1%)が有効です。消毒薬液を十分に含ませたペーパータオル等で拭き取るようにしてください。噴霧は、不完全な消毒やウイルスの舞い上がりの可能性があるため、避けましょう。また、換気をするなど、「使用上の注意」をよく読んで使いましょう。

・十分な栄養と休養、人込みを避けるなども有効です。
前へ次へ