日曜日も診療可能 診療時間/9:00 - 14:00
※診療終了時間の30分前までに受付をお願い致します
初診の方で診療の事前申し込みを希望される方はこちら

ご予約はお電話から tel:03-6426-2711 ※休診日/月、火、祝日

お問い合わせ

お知らせ

TOP > お知らせ

2018.03.15
土日も診療しております。花粉症の症状は鼻水や目のかゆみだけではありません。ご相談ください。
〈花粉症の症状は鼻水や目のかゆみだけではありません〉

花粉症の症状で一般的なものは、「目のかゆみ、鼻水、のどの違和感」等ですが、粘膜全体のアレルギー反応によ
る変化が起こる為、自分は花粉症ではないのでは?と思われる方もいらっしゃいます。

たとえば「長引く咳、耳閉感、めまい、微熱、頭痛、声の変化、吐き気、肌荒れ、にきび。」

これらの症状は一見花粉症と関係がないように思われがちですが、アレルギー反応は表皮や気管支、

口腔粘膜にも現れるため、花粉症をはじめとするアレルギー疾患においてよく見られる症状でもあります。

また、大量の花粉によりアレルギー反応が強く刺激されると、今まで症状の出ていなかった物質にも、

反応を起こすこともあります。たとえばスギだけにアレルギーを持っている方でも、この時期は今まで検査

結果で何ともなかったほかの物質にもアレルギー反応を起こし、以前とは異なる症状が出てしまうことが

あります。

どの疾患も花粉症なのか、風邪や喘息などその他の疾患なのか、非常に鑑別が難しい場合がありますので、まずは

内科または耳鼻科、アレルギー科を受診しましょう。

近年は長時間作用型で眠くなりにくいタイプの新薬が順次発売されております。

外用薬も症状に合わせ、様々なタイプがありますので相談してみるとよいでしょう。

市販薬で効果が得られない場合はなるべく専門医の受診、投薬を受けることをお勧めいたします。
2018.02.27
土日も診療しております。花粉症でお困りの方ご相談下さい。
花粉症とはいったいどんな病気なのでしょうか?

スギやヒノキなどの植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、皮膚のかゆみ、喉の違和感、食欲低下、微熱などの一連の症状が特徴的な症候群のことを指します。

日本においては全人口の25%近くの方が花粉症の症状があり、北海道の大半と沖縄を除いてスギ花粉が抗原となる場合が多く、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から飛び始めます。

花粉症の症状が出る前から、初期予防治療を開始すると症状を和らげることができますので結果としてお薬の量を減らすことにもつながります。

近年では様々な抗アレルギー剤も新薬が登場しており、外用薬だけでも効果がある種類も販売されています。
また、根本的なアレルギー改善のための腸内環境正常化の治療や症状緩和の為のビタミンC注射なども
当院では行っておりますので、ご相談下さい。
2018.02.20
3月7日(水)午後休診のお知らせ
都合により、3月7日(水)午後休診させていただきます。
午前の受付時間は、通常通り9:00~12:30です。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
2018.02.16
祝日の3月21日(春分の日)は、午後のみ診療可能です。品川区戸越公園駅徒歩3分
通常、祝日は(3月21日 春分の日)は休診となりますが、午後14:30~18:00診察を行います。
2018.02.16
花粉症の症状の緩和に。品川区戸越公園駅から徒歩3分です。
アレルギー症状の緩和の為の ビタミンC(アスコルビン酸)注射 の接種を始めました。詳しくは受付にてお問い合わせください。
2018.02.16
3月18日(日)休診のお知らせ
都合により、3月18日(日)は休診させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
2018.01.30
2月11日(祝日)午前のみ診察します
2018年2月11日は、通常ですと祝日(建国記念の日)のため休診させていただきますが、午前中(9:00~13:30)診察を行います。

※2月12日(月)13日(火)は休診させていただきます。

よろしくお願い致します。
前へ次へ